Back to blogs

【番外編②】タイでの経験を通して考えるマネジメントとチームワーク

Posted by Yu Shimokawa 下川 優

12 months ago

2017年度が終了し、エンワールドタイランド日系チームも立ち上げからあっという間に丸3年が経過しました。グループの海外拠点で初めて日系チームを立ち上げるというミッションを頂きマネージャーとして入社した際に、ヴィジョンとして「2017年タイでベストなエグゼクティブリクルートメントチームになる」と掲げ作ってきたチームです。立ち上げ当初は、マネージャーの下川のほかに業界未経験の2名のアシスタントの3名でスタートしました。本当に手探りで少しずつ前に進んできた中でも、お客様からチャンスをいただき応援していただきお仕事をいただくだけでなくご紹介なども積極的にしていただけたことには感謝がつきません。オーストラリア人の上司は日系ビジネスの進め方はわからないので日系ビジネスに関してはすべてを下川に一任してきてくれました。その後、少しずつ採用を行い現在は5名のまだまだ小さいですが強いチームに成長しています。途中日本人のインターンにサポートをしてもらっていましたが基本的にはずっと日本人一人でチームをマネジメントしてきました。

ありがたいことに、2017年後日系チームは全社で一番の売り上げを達成し、下川個人もトップセールスになることができました。皆様の応援とご協力のおかげです。ありがとうございます。

立ち上げ1年目の2015年の売り上げと2017年の売り上げを比較すると2倍以上になりました。チームの人数はほかチームよりも少ないわがチーム。少数精鋭でも結果を出せたことはチーム一人ひとりの誇りになりました。少ない人数で生産性を上げて結果を出せた理由はチームワークにあると思っています。